« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月14日 (火)

2回目のワクチン

Dsc00700 既にワンちゃんを飼育している方はよくご存知だと思いますが、これから子犬を飼おうとお考えの方は「ワクチン」という言葉をよく耳にすると思います。
そもそもこの「ワクチン」とは一体ナニモノなのでしょうか…?

「犬を飼ったらワクチン接種が必要」という点に関しては広く浸透しつつあるものの、

なぜ必要なのか、そしてどういった効果があるのかをきちんと理解されている飼い

主さんはごく一部のようです。

なかには「健康維持のためにワクチン接種が必要」といった誤ったイメージをお持

ちの飼い主さんも多くいらっしゃるようですが、「ワクチン」とは「伝染病予防注射」

のことであり、伝染病を「予防」する抗体を体内に植え付ける予防接種に過ぎません。

ワクチンが「健康かつ丈夫で病気にかかりにくい身体にパワーアップさせる滋養強

壮剤」や「どんな病気でも防いでくれる魔法の注射」でないことはもちろんですが、本

来の予防目的である伝染病に対してもあくまでも「予防」に過ぎませんので、接種し

ておけば絶対に安心というものでもありません。

子犬は毎日飲む母乳から伝染病に対する免疫力を譲り受けます。

通常、生後60日齢を過ぎる頃から伝染病に対する免疫力は徐々に低下(消滅)して

いきますが、低下(消滅)する時期は個体差によって異なり、生後70日齢を過ぎてか

ら低下しはじめる子もいれば、生後90日齢を過ぎてから低下しはじめる子もいます。

(稀に生後120日齢程度まで免疫力が持続している子もいるようです)

そのため、生後60日齢頃に免疫力が低下しはじめる(消滅した)と想定して、一般的

には生後60日齢前後に1回目のワクチン接種を行います。

その時点で免疫力が低下しつつある(消滅している)子であれば、その時接種したワ

クチンは抗体として体内に残って本来の効果を発揮しますが、まだ免疫力が強く残っ

ている子だと接種自体がほとんど無意味なものとなってしまいます。

仮に生後120日齢まで免疫力が持続する子だった場合、生後60日齢や90日齢でのワ

クチン接種は意味がないということになります。

子犬の伝染病に対する免疫力がいつまで持続するかは判らない(個体差がある)とい

う観点から、1年目のワクチンは2~3回接種することが「常識」となりつつあります。

ワクチンの接種時期と回数は、かつては1回目が生後60日齢前後、2回目は生後90日

齢前後の計2回が主流でしたが、前述の通り生後120日齢まで免疫力が持続する子も

稀にいるようですので、最近では生後120日齢を少し過ぎた頃に3回目の接種を行う獣

医さんが増えております。

当店では1年目は3回の接種(最後の接種は生後120日齢を少し過ぎてから)をおすす

めしておりますが、獣医師によっても対応(考え方)が異なります。

なお、子犬を生後60日齢頃に迎え入れた場合、既に1回目の接種時期を迎えているか

らといって接種を急ぐ必要はありません。

そもそもワクチン接種は意図的に体内へ病原菌を入れることなので、子犬にとっては当

然負担となります。

ワクチン接種によって副作用が出る子も稀におりますので、1回目の接種は新しい環境

に馴染んでから(目安としてお引き渡しから1週間程度経ってから)の方がより安心です。

ワクチンには単体のワクチン(1種類の伝染病に対する抗体)をはじめ、2~9種類の混

合ワクチン(複数の伝染病に対する抗体がひとつにまとまったもの)まで様々な種類が

あります。

ワクチン選びは種類が多ければ(多種混合の方が)より安心という単純なものではなく

、種類が増えればそれだけ身体に負担になるということを忘れないでください。

また、単体ワクチンと混合ワクチンでは効果の現れ具合も異なり、種類が増えるに従い

「範囲は広く、効果は浅く」といった感じになります。

一般論としては生後60日齢前後に接種するワクチンは5種混合程度で十分ですが、獣

医師とよくご相談の上、適切な(犬種、生後日数、飼育目的に適した)ものをお選びくだ

さい。

極小サイズと言われるような小さいタイプの子は体力的に劣る場合が多いので、あまり

早い時期に身体に負担のかかり易い多種混合ワクチンを安易に接種することは考えも

のです。

なお、法律で義務付けられている「狂犬病」の予防ワクチン(予防接種)と、ここでご説明

してきた伝染病予防ワクチンとは種類が違いますので、別途狂犬病予防ワクチンを年に

1回接種する必要があります。

まぁ、こんな専門的な話はヌキとして、注射を打たれたLALAはおとなしく非情に

良い子だった。

あと獣医から右耳の中が赤くなっていたので塗薬を塗ってもらった。


2006年2月 4日 (土)

ブラシ&シャンプー

Dsc00647 ●水なしでシャンプーできます。サラサラの泡がすばやく被毛になじみ、 拭き取るだけで簡単に汚れを落とします。●植物性保湿成分が、皮膚と被毛にうるおいを与えます。●リンス成分が被毛をコートし、ふんわりなめらかに仕上げます。●天然系消臭成分配合により、気になるペットのニオイを抑えます。●安全性の高い成分なので、ペットがなめても安心です。

だってさ。

試してみた所、LALAは大暴れ!!

最後の最後まで暴れていたが、終って体の臭いを嗅ぐと爽やかだった。

1番左のブラシは体が小さいのかまだ使用しなくてもいい感じで、左から2番目のブラシが今の所重宝するだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »