« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月19日 (火)

ハンター

Dscn0850_1 『 8ヶ月位にまったくドライを食べようとしない時があって、ペット ショップの方に聞いたら「気を引く為だったり、ドライに飽きてきてそういう行動になる。2~3日食べなくても水だけで大丈夫、ご飯を 出して食べなければすぐ下げる、お腹が空けば食べますよ!」と言わ れたことがありました。
まったくその通りで2日位食べなくて、3日目には相当お腹が減ったらしくガツガツ食べてました。』

Dscn0848  ヒート前から食が細くなったので調べてみたら、この様な文面を発見した。

ただ、人間様のご飯だけは食べたいらしく、常に狙っている。

今夜は「かっぱえびせん」だ。 

で、あげくの果てに食っているのも奪おうとしている(この後ヤキがはいった)。

ハンターよ・・・

    ハンターよ・・・・・・

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

| コメント (0)

2006年9月18日 (月)

牛丼復活祭

Dscn0818 全国に約1000店舗を展開する牛丼チェーン吉野家ディー・アンド・シーは、BSE(牛海面状脳症)発生による米国産牛肉の輸入停止で、2004年2月11日から牛丼の販売を停止していた。

今回は「牛丼復活祭」と銘打ち、午前11時から一斉に販売を開始した。ただ、米国産牛肉の輸入量が少ないため、一部メキシコ産も使った上で全国100万食限定での販売で、売り切れ次第終了するというかたちを取るらしい。Dscn0817

午前10時25分ごろから客が並び始め、販売開始の11時には、店内だけでなく店の外にも人があふれた。駐車場も車でいっぱいになった。

価格は並盛380円大盛り480円(特盛りは販売してません)。仕入れ価格の上昇で輸入禁止前より100円高くなった。また、道内の吉野家は、試験的に21日午前11時―午後3時の時間限定で牛丼を販売するという。

Dscn0819問題の味ですが、個人的な感想は豚丼の比にならないくらい好印象でした。で、今回1番の目的である吉野家手拭いを食べ終わってからGETできたので、尚良しです。

  

 Dscn0826 さて、LALAですが、Dscn0827 くっついてくると思い、着替えてソファーの裏に隠れたのですが、まんまとモモの上を陣取り、不安定ながらも寛いでいた。  

でも寝る時は別々を徹底しているので、ハウスに向かう姿はなかなかのもんである。

  

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

LINKに『いちごでござる』を追加

| コメント (0)

2006年9月13日 (水)

乙女さんと乙女座さん

Dscn0780 やはり発情前なのかダルイのかわからんが、なすがままで、いつも以上にべったりだ。

帰宅して着替えくつろいでいると、よっかかってくる。

見よ!!この虚ろな目!!

ただ、ここ最近メシをあまり食べてなく、元気が無いのか栄養面がひじょうに気になる日々です。  

    

Dscn0783Dscn0785いつもこんな感じでマッタリし、あくび&ペロリを炸裂してます。

  

 

余談ですが、今日は我が母の56回目となる誕生日でした。 

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

| コメント (0)

2006年9月12日 (火)

えき☆スタ発

200609121614 今日は、札幌へ急遽行く予定になったのと、火曜日だということから、声に特徴のある社長がいる『海商』へと買い物へ行く。

なぜ火曜日だから行きたかったのか・・・

その答えは、16時くらいからUHBで放送している『えき☆スタ発』の中継がやっているからである。=(イコール)、①アナウンサーやレポーターの皆さんを圧倒する勢いの社長の絶妙トークを是非みたい②生で「激しい~」って聞きたい③商品を中継しているギャラリーに混じって、蟹を「あ~ん」って食べさせて欲しい

この3点を実現させたかった。

Dsc00947

ってか、おいおい  

     でちゃったよ。 

買い物カゴを片手に・・・  

   

Dsc00949ウニ・ズワイガニをGET!!

しかし、「あ~ん」をしてもらえず。

でも負けません。

  

Dsc00950最後にタラバを私だけ「あ~ん」してもらいました。

左手を見てください。私だけタラバをGETしてます。

して、撮影終了後、目の前にあったズワイガニを、社長みずから袋に入れて頂き、蟹を食べた私の両隣を含む3名にギャラとしてプレゼントしていただいた。

ノルマ達成です。勝ちました!!

このあと、兄から「テレビに出てないよね?」ってメールが来た。

たぶんこんな心境だったんだろう・・・

「似ている。ってか映っている。しかしまさかね・・・。でも弟だと思うのだが。それとなくメールで確認してみよう」 だと思う。

Dscn0766 安く買い物も出来たし、とにかく激しい一日だった。

あと、ズワイが食べたくなったら参加してGETしましょう。

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

| コメント (0)

2006年9月11日 (月)

赤飯

Fscn0772 犬の生理は人間のような生理とは異なっています。犬の陰部からの出血は『発情が始まりますよ!』という合図なのです。この出血が見られる期間のことを『発情前期』といいます。『発情前期』は出血開始から約7~10日間続きます。これには個体差があり、長い個体では20日間ほど出血が認められることがあります。1ヵ月以上出血が続く場合は卵巣や子宮の異常が考えられます。その場合には一度動物病院で検査を受けましょう。

☆ 発情出血は個体差があり、量が多い子、少ない子がいます。量が多い場合には、犬用の生理パンツなどをはかせておくと、室内が汚れなくてすみます。また、量が少ない子は舐め取ってしまって、発情前期が来たかどうか不明な場合もあります。

発情前期の後、すなわち出血が止まった頃が『発情期』となります。『発情期』は約10日間続き、この時期に排卵が行われます。発情期の特徴としては、陰部の腫大とともに、雄を許容するようになります(雄が交配しようとして、雌の上に乗ることを許します)。また、会陰部をそっと刺激すると、尾を片側に寄せるようになります。この状態になってから、約2日後に排卵が起こるといわれています。

☆ 雄の精子は1週間、雌の卵子は排卵後3~4日間、授精能を保持します。そのため、発情期の前(発情前期の間)から、誤交配のないように注意しましょう。

発情期の後、雌は再び雄を許容しなくなります。この時期が『発情後期』といわれる時期です。
 『発情後期』は犬の妊娠期間と同じ期間、すなわち約2ヶ月間続きます。この時期にホルモンの関係から妊娠していないのに乳腺が発達したり、乳汁分泌が見られたり、巣穴を作ろうとしたりといったことが見られる個体がいます。これは、犬では多く認められる状態なのですが、この期間に食欲が低下してしまう場合や乳腺炎を起こしてしまう場合がありますので、もしも子供を作らない予定であれば、避妊をしてしまうこともひとつの方法です。

☆ この時期にはホルモンの関係から感染に対する抵抗力が低下してしまう時期でもあります。そのため、高齢の雌犬では子宮蓄膿症などが起こってしまう場合があります。

発情後期の後は発情が全然ない時期、すなわち『無発情期』となります。
 『無発情期』は犬種や個体によって変わりますが、4~10ヶ月続きます。

Dscn0777 このように、犬の生理は『発情前期』→『発情期』→『発情後期』→『無発情期』→『発情前期』というサイクルになっているそうです。

娘から乙女に変ってくるララ子でした。

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

| コメント (2)

2006年9月10日 (日)

掲示板を

Photo_1掲示板を無くしてコメントを受け付ける事で、今後対応することにした。

原因はわからんが、消すのがめんどくさいので。

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!

| コメント (3)

2006年9月 5日 (火)

体調が悪いときに・・・

Dscn0770病み上がりの中、目を覚ますと目の前で寝ていた。

鼻が乾いていると、けっこうグロイ。

ずっと気になり激写してみた。

| コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

季節の変わり目

200609021654 8月末くらいから、周りの様子がおかしい。

倒れる者。早退する者。無理をしている者。

月末の忙しさを掻い潜り、9月に入って安心したのか、油断してしまった。

1日…喉に違和感があり鼻が詰る。昼…ボーっとする「こりゃ熱が出ているかも」。夜…飴を口に入れながら寝る(朝まで有った)。

2日朝…体温計の結果35.7度。昼…喉が赤くなり熱が出てくるのを実感。15時に早退。夜…体温38.2度。

3日朝…休みの連絡をする。昼…体温計の結果39.4度。以降ダウン。

4日辛いが病院へ(ワタクシが診察される訳でなく送迎の為に)。して段々復活。

200609022033 今回体調を崩し、新たなる発見をする。

毎朝、体温を測ると34.7~34.9度である。

それ以降落ち着いても体温は35.4度が平熱となっている。

前までは目覚め王だったのだが、ここ何ヶ月か起きれない原因が体の変化と思うのは言うまでもない。

【LALA】にはうつらんくて良かった・・・

| コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »