« 沐浴挑戦 | トップページ | 【ララ虫】帰宅&オフ会に »

2006年11月18日 (土)

紙吹雪乱舞 日ハムパレード 

20061118 44年ぶりのプロ野球日本一を達成した北海道日本ハムファイターズの優勝パレードが札幌市中央区の中心部で行われた。

トレイ・ヒルマン監督と選手ら約80人は、色とりどりの紙吹雪が舞う中、オープンカーや屋根なしの2階建てバスに乗り、手を振りながらファンの大歓声にこたえた。

パレードはチームの優勝を祝福するため、道や札幌市などでつくる実行委員会(委員長・上田文雄札幌市長)が企画した。コースはJR札幌駅南口広場とススキノを結ぶ駅前通の1・3キロ。

20061118_1 隊列は、札幌駅前で行われたオープニングセレモニー終了後の午前十一時にスタート。大きな拍手と歓声が飛び交う中、ヒルマン監督と選手会長の金子誠選手が乗ったオープンカーを先頭に、ゆっくりとコースを進んだ。ユニホーム姿の選手たちは、車上から満面の笑みで周囲に手を振り、ファンの歓喜の声にこたえた。

午前十一時の札幌の気温は5・1度。だが、沿道はそんな肌寒さを感じさせないほどの熱気に包まれた。パレード実行委の発表では、路上での観客は十四万三千人。周辺のビルなどから応援した人も含め、十五万人を超える人出となった。

20061118_2 日本ハムの一員としての勇姿も見納めとなる新庄選手。ユニホームは着なかった。最後尾のバスから身を乗り出し、両手のブレスレットを一つ、二つと沿道に投げ入れた。ファンへの「別れのプレゼント」。十七年間のプロ生活への万感の思いがこもった。

去就が注目される小笠原選手もバスの上で笑顔を見せていて、沿道のファンたちは「来年も頼むぞ」との願いが響いていた。

20061118_4約1トンにもおよぶ紙吹雪は、町一面雪が降ってるように見え、凄まじく綺麗でした。

記念にでもと思い2枚ほど拾ってきました。

来年とは言いませんが、近い将来またみれるのかなぁ。

もし書き込みがあれば右下青字の『コメント(0)』をクリック !!


« 沐浴挑戦 | トップページ | 【ララ虫】帰宅&オフ会に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沐浴挑戦 | トップページ | 【ララ虫】帰宅&オフ会に »